忍者ブログ

緊急任務腕時計のedoblog

Aマガジン最新号は「プロエンザ スクーラー」がゲスト、NYのパーティにクロエら登場

Aマガジン最新号は「プロエンザ スクーラー」がゲスト、NYのパーティにクロエら登場  │ブランドコピーファッション情報 シャネル コピー 【7月17日 MODE PRESS】米ニューヨークのソーホーで13日、「プロエンザ スクーラー(Proenza Schouler)」を手掛けるデザイナーデュオ、ジャックマッコロー(Jack McCollough)とラザロヘルナンデス(Lazaro Hernandez)がゲストキュレーターを努めた「Aマガジン(A Magazine)」最新号の発売記念パーティが開かれた。

 会場には二人のほかに、カバーモデルを努めた女優のクロエセヴィニー(Chloe Sevigny)、デザイナーのマリアコルネホ(Maria Cornejo)、「ヴォーグ(VOGUE)」誌のヘイミッシュボウルズ(Hamish Bowles)、アーティストのネイトロウマン(Nate Lowman)らが集まった。

■カバガールはクロエセヴィニー!

 「最初のコンセプトでは、ヴェルーシュカ(Veruschka)のように顔面を覆うようなストライプ柄のメイクアップだったのよ。だから肌の状態なんてあんまり気にする必要はないと思って、撮影の前日は一晩中遊んだの。だけど、コンセプトがまるっきり変わってしまったの!」と表紙撮影の秘話を明かしたセヴィニー。結果、赤白青のポイントメイクを施したものが完成した。

 また「プロエンザ」のレザージャンプスーツを着たこの日の自分のスタイルについて“だらしのないスーパーヒロイン風”とクロエ。ヘルナンデスはその見事な着こなしに「まさにクロエセヴィニー!って感じだよね」と言って笑った。

パネライ スーパーコピー ■マガジンの制作を振り返って

 カバーガールをの決定方法について、ヘルナンデスは「表紙いついて言えば、クロエセヴィニーということ。ただそれだけだよ」とコメント。一方マッコローは「スポンサー探しは大変だった。このプロジェクトが決まったころ、ちょうど不況の波きてね。少し苦労したけど、最終的にはプロジェクトにとても協力的な素晴しいスポンサーを見つけることができたよ。今すぐにでも、また新たなマガジンを作りたいね!」と話した。

 また「普段、服やジュエリー、アクセサリーというファッションの世界にどっぷり浸かっているから、今回みたいな体験はとても楽しかった。Aマガジンにはスタッフがほとんどいなくてね。デザイナーが決まると『はい、やって!』って感じなんだ」と明かした。

■Aマガジンとは?

 「Aマガジン」はベルギー発のファッションカルチャーマガジン。毎回、世界で活躍するデザイナーをゲストキュレーターに迎えている。過去には「メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)」、山本耀司(Yohji Yamamoto)、「ジバンシィ(GIVENCHY)」のリカルドティッシ(Riccardo Tisci)らが参加している。(c)Fashion Week Daily/MODE PRESS

【関連情報】
◆フィリップリム大特集、「ミーマガジン」16号発売記念パーティ
◆プロエンザ スクーラー09/10年秋冬コレクション<動画>
◆【プロエンザ スクーラー】記事一覧 ルブタン財布 コピー
PR

コメント

プロフィール

HN:
www.ninnkitokei.com
性別:
非公開

P R